理論

イントロダクション

課題は何か?

「何を考え、どう行動すれば、自由を実現できるのか?」 この問いが私にとっての課題です。そして自由とは「人類が自らの未来を自ら選び実現している状態」と考えています。

なぜその課題を考える必要があるのか?

人類は自由であるべきであり、今の人類は自由では無いと考えているからです。例えば、あなたの生活を支配しているものを挙げてみましょう。あなたの行動は「お金」に左右されていませんか?あなたの仕事は「利益」が目的になっていませんか?あなたの将来は「国家」に依存していませんか?これはあなただけではなく、人類全体に共通していることです。

ここに挙げたお金や利益や国家などは、本来私たち人類自身が生み出したものです。地球が誕生した時には無かったのですから。人類が生んだものなら、人類が変えて良いはずです。でも実際は人類はそれらに支配されています。この逆転現象を哲学では「疎外」と呼びます。実はこの疎外によって、戦争も貧困も引き起こされているのです。この状態では人類は自らの未来を自らで選ぶことはできません。つまり今の人類は自由では無いということです。

ではこのまま放っておけば、人類は自然と自由になっていくのでしょうか?私はそうは思いません。選択次第では今の人類は豊かに暮らせても、未来の人類は苦しみ生きるかもしれません。未来の人類と言いましたが、社会の変化スピードを考えると、恐らくそれはあなたの子供や孫の話になります。「何を考え、どう行動すれば、自由を実現できるのか?」 という課題に、私たちが今すぐ向き合わなければいけないと考える理由はそのためです。